マイクロダイエット TOP





私はマイクロダイエットを数回利用し(リバウンドを繰り返しましたが)、去年、半年近くで−11キロのダイエットに成功しました。

マイクロダイエットを購入した時に効果的な利用法などが書かれていたのを、お読みになっていると思いますが、やはり3食の内朝は普通に食事を摂り、昼・夜はマイクロダイエットを利用する!というのが1番早く効果が得られました。

マイクロダイエットの説明書通り正しく使用した方が良いと思います。

マイクロダイエットは、今では薬局でも販売されていますが高価な代物です。私は半年続けるにあたり、ネットオークションで購入していました。3割〜4割程安く購入出来ます。

マイクロダイエット(micro diet)とは、サニーヘルスが製造販売している、『低カロリーで、体に必要な栄養素を十分に摂取するVLCD(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット)理論に基づいて開発された減量法』を製品化した、約50種類の栄養素を約170〜260kcalに凝縮したダイエット食品をいいます。

1983年にイギリス・サリー大学・栄養学博士のジャクリーヌ・ストゥーディ女史の研究より誕生した同製品は世界40カ国に広まったものです。日本には1989年に上陸し、200万人以上の利用者を獲得している超人気ダイエット方法です。

同製品を利用した減量成功体験コンテストとして、有名なマイクロダイエットグランプリがあるのは驚きです。

マイクロダイエットは現在、最も歴史が深いドリンクタイプに加え、スープ、ゼリー、リゾット、シリアル、パスタというバリエーションを展開しています。



当サイトでは、マイクロダイエットについてさまざまな使い方、効果を検証していきます。

参考にしてみてください。



スリムファーストについて






マイクロダイエットに似た「スリムファースト」ってご存じですか?
とても気になっているんですが、
噂では、とても「マズイ!」と聞きました。

マイクロダイエットと比べて味がまずくて飲みにくいのでしょうか?
効果は、マイクロダイエットと同じなのでしょうか?
それなりに期待できるものなのでしょうか?







回答

スリムファーストをかなり前から使用し、現在も体重が増えた時とかカロリー調整をしたいときに食事代わりに飲んでいます。私はマイクロダイエットを飲んだことはありませんが、だいぶ前のグローバルダイエット、オルビスのシェイク、「日に日にスリム」などの国産ダイエット代用食とアメリカ製のスリムファースト系代用食を試したことがあります。

結論から申し上げますと、アメリカ製は日本製に比べて味が濃く甘すぎる傾向があるように思われます。もちろん味の好みは十人十色ですので一概においしい・まずいは断言できないと思いますが、参考URLを見ていただくと、一応スリムファーストを販売しているショップですが商品に対する、実際に使用した方からの意見が書き込まれているので参考になると思います。

とりあえず試して、口に合わない場合は、氷を入れてミキサーで混ぜたりフルーツを入れたり、甘すぎる場合は牛乳の割合を多くしたりと工夫されて飲んでるみたいです。

個人的に私は、チョコレート系の味が好きです。(普通のココアとかチョコ味の飲料みたいなので)逆にバニラ味とかは自分なりにアレンジしやすいですが…




マイクロダイエット Q&A集 トップ

マイクロダイエット実行時の運動量






現在マイクロダイエット実行中です。運動は不可欠だと思いますが,30分ほどのストレッチ程度じゃだめでしょうか?やっぱりステッパーなどの有酸素運動30分とは全く効果は違いますか?

今2週間目でまだ1キロほどの減です。一週間に5日ラテラルサイトレーナー(ステッパー)を30分しているのですが,ステッパーの調子が悪いので,30分ストレッチにしようかと思っています。







回答

マイクロダイエットでがんばっているんですね。
空腹感はどうですか?大丈夫?

「マイクロダイエット中の運動量」についてですが、の運動経験によります。

低カロリー高タンパクのマイクロダイエットは
運動なしで中断すると必ずリバウンドします。

なので、まずはしっかり「痩せる体質」になる為に
筋肉をしっかり作ることをお勧めします。
筋肉を作った後、有酸素運動(ラテラルサイトレーナーなど)を行なうと良いと思います。

その筋肉を作る時も、順序があります。

*運動経験、習慣がない場合*
1)筋肉の柔軟性を上げる

脂肪燃焼しやすい筋肉にするためには、筋肉に酸素、栄養を受け渡しができるように、筋肉内の血流を良くしなければなりません。
その為にはまず、筋肉の柔軟性を上げることが大切。
筋肉の柔軟性を上げず、筋力トレーニングや有酸素運動をしても、脂肪燃焼の効率面から見て非常に悪く、また乳酸という疲労物質も筋肉内に蓄積されて、疲れを感じやすくなります。

まずはクラウディアのDVDでしっかりストレッチしてみましょうね。

2)筋力をつける
筋肉の柔軟性がUPしたら、筋力トレーニングをしましょう!
この時、体の深部筋(インナーマッスル)を鍛えると、基礎代謝はUPするので、より痩せやすく、太りにくくなります。

これにはピラティスやヨガが適していると思います。

3)有酸素運動
ここで初めて30分以上の有酸素運動を取り入れると良いと思います。2)まででできた筋肉で効果的に脂肪燃焼でき、より効果的に減量できるでしょう。





マイクロダイエット Q&A集 トップ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。